Basic

はじめての石けん

Update: 2015.07.10

初めての石けん

初めてのせっけんづくり

マンデイムーンのあゆみは、「肌にやさしい石けん」の原料を探し、
よりよいオリジナルレシピを研究することから始まりました。
幅広い原料を扱うようになった今でも、石けんへの想いは深く、
“良質な原料” を “続けられる価格” でご提供できるよう努力しています。
手作り石けんにはさまざまなタイプがありますが、ここでは、
伝統的な “コールドプロセス製法” の石けんをご紹介します。

ttl_reason

「 100%自分仕様 」

デリケートな肌にふれさせたくないもの(合成保存料、防腐剤等)を使わず、
肌コンディションに応じて「自分に必要な」原料だけで作れるのが魅力。
夏用、冬用、季節の変わり目など、気候に応じた調整も自由です。

  • アレルギー、アトピーの方はかかりつけのお医者様にご相談ください。

「 こだわりそのまま 」

お店の石けんに好きなフレーバーがない。感触がしっくりこない。
自分だけの細かなこだわりも、手作り石けんには反映できます。
香り、使い心地、形...。あなたならではの石けんを楽しんで。

手作り石けんをもっと楽しくするアイテム

「 シンプルケアへ 」

手作り石けんは、顔はもちろん、全身、そして髪にもお使いいただけます。
シンプルケアで、すっきり、ゆったり、くつろぎのバスタイムを。

  • シリコンなどの潤滑剤を使用しないので、髪にきしみを感じる場合もあります。
    ヘアケアにはクエン酸リンスがおすすめです。

ここだけはご注意ください

コールドプロセス製法で使用する “苛性ソーダ” は、別名・水酸化ナトリウム。
医薬用外劇物で、取り扱いには十分な注意が必要です。

なぜ、苛性ソーダを使うの?

苛性ソーダの化学反応を利用すると、低温のまま作業がすすめられるので、
熱に弱いスキンケア成分も損なわれません。
少しでも質の高い石けんを...という手作り本来の目的を果たすためには、
欠かせない素材なのです。
* 完成した石けんには、苛性ソーダの成分はほとんど残りません

気を付けることは?

  • 肌が露出しない服装で作業を行ってください。直接ふれると、
    失明ややけどの危険があります。
  • 作業中は刺激臭が発生します。部屋の換気を行ってください。
  • お子様やペットが間違ってさわったり、口にしないよう、
    作業中の部屋には立ち入れないようにご配慮ください。
  • ガラスビーカー、ステンレスのスプーンなど、レシピで推奨している素材の器具をお使いください。
    代用品の場合、思わぬ反応を起こすことがあり、大変危険です。

マンデイムーンでは、苛性ソーダの販売は行っていません。 18 歳以上の方であれば、薬局で購入することができます。

img_soap

上記の点をしっかりと理解し、正しく扱っていただければ、
安全に石けんづくりを楽しんでいただくことができます。
詳しい作り方、具体的な作業の注意点はレシピページでご説明してます。

ソープ(クレンジング)レシピを見る

少しハードルが高い...と感じられた方はまず、
苛性ソーダを使わないシンプルレシピをどうぞ。

クリアソープ
クリアソープ
シンプルなグリセリンソープのレシピです。 溶かして固めるだけなので気軽にソープ作りが楽しめます。
レシピを見る
ハーバルクリアソープ
ハーバルクリアソープ
ハーブパウダーを配合したクリアソープ。 お好みでアレンジしやすいレシピです。
レシピを見る
ストロベリークリームソープ
ストロベリークリームソープ
ビタミンを豊富に含むストロベリーエキスパウダーを配合した、クリームタイプのソープです。
レシピを見る

そのほか、ご相談・ご質問はカウンセリング(お問い合わせ)までお気軽にどうぞ。
専任スタッフが、楽しい手作りコスメ生活をサポートいたします。

最新特集ページ

キーワード検索

カテゴリーからさがす

-->