スキンケア効果アップ!夏のファンデを簡単リメイク
スキンケア
2019.12.9

スキンケア効果アップ!夏のファンデを簡単リメイク

50回すすぎで毛穴レス肌

以前ご紹介した、洗顔50回すすぎ、実践されていますか?

洗顔はすすぎだけ。スキンケアの見直し
https://www.mmoon.net/note/5526/

朝は石鹸を使わず、30回ぬるま湯、20回水ですすぐ洗顔法です。
50回すすぎをするようになって、肌の調子がとてもよくなった
というお声をたくさんいただいています。
私自身も少し毛穴が小さくなってきたように感じています。
最初は少し面倒ですが、慣れると意外と早くできます。
ぜひやってみてくださいね。

石鹸オフメイクで夜は石鹸洗顔

朝はこの洗顔で充分なのですが
やっぱり夜はメイクを落とさないといけないので石鹸洗顔をします。
コスメはできれば石鹸オフできるものがいいでしょう。
そうすればクレンジングしなくて良いのです。

マンデイムーンのキットなら、とっても簡単
混ぜるだけで石鹸オフできるミネラルファンデーションが作れます。
ご自分の肌の色に合わせて調節もできますので
ぜひ作ってみてください。

ミネラルファンデーションキット-パウダージャータイプ-
https://www.mmoon.net/fs/mmoon/0427-001/

ミネラルファンデーションキット-ポンポンジャータイプ-
https://www.mmoon.net/fs/mmoon/0428-001/

ミネラルファンデーションキット-レフィル-
https://www.mmoon.net/fs/mmoon/0605-001/

ミネラルファンデだって手作り

ポンポンジャータイプと、普通のジャー容器のものがあります。

ポンポンジャータイプ
Tゾーン、ほほにポンポンとはたいて、
あとは手のひらでなじませます。

ジャー容器タイプ
ブラシにつけてやはりTゾーン、ほほにつけます。
ブラシはできる限り力を抜いて、手首を動かしながらつけます。
筆先が立ったままでつけるイメージ。

ごしごしつけると、肌のキメが流れやすくなるだけでなく、
メイクが落ちやすくなります。
ふわっと軽くつけてくださいね。

ファンデーションは、目じりから口角を結ぶ線までしかつけません。
フェイスラインまでつけると、立体感のないぺったりした顔になります。
とはいえ、くっきり線を引くのではなく
境界線をぼかすように。

夏場はパウダーだけでもいいのですが
秋冬はこれだとちょっと乾燥しがちです。
洗顔後はしっかり保湿して、オイルを少し多めにつけると良いようです。
化粧水は2、3回つけてください。
しっかり保湿できていると、メイクのノリもモチも良いのです。

マンデイムーン・ローション
https://www.mmoon.net/fs/mmoon/2001-150/

紫根ローションキット
https://www.mmoon.net/fs/mmoon/0431-001/

夏のファンデの簡単リメイク法

また夏のパウダーが残っている、という方。
この時期、夏用のファンデをどうしようか悩みますよね。
そんな時はリメイクしてみましょう。

用意するものは
・夏用ファンデーション
・エアプロテクト・ミルクセラム
・お好みのオイル

マンデイムーンのミルクセラムは
ミネラル、天然素材で作ったUVクリーム。

砕いたパウダーファンデとミルクセラム、
アルガンオイルやウチワサボテンオイルなどとよく混ぜ合わせます。

すると!なんと冬用クリームファンデの出来上がりです。
薄づきで、日中もスキンケアできる優秀ファンデです。
ぜひお試しください。

エアプロテクト・ミルクセラム
https://www.mmoon.net/fs/mmoon/2037-030/

手のひらで混ぜるだけ!
その日使う分だけを作る

1.1回使う分だけのファンデを砕く

2.手のひらに砕いたファンデ+ミルクセラム+オイルを出す
写真はちょうど1回分の量です。
オイルは1滴でOKですが、お好みで2、3滴に増やしてもOKです。

3.手のひらの上でよく混ぜて完成

まとめて作る場合

混ぜるための器とスプーン、保存容器を用意します。

材料は、
ファンデ1:ミルクセラム1:オイル0.1
の割合でOKです。

1.ファンデを砕く

2.器にファンデとミルクセラムを1:1の割合で入れる

3.ダマがなくなるまでよく混ぜる

4.オイルを加える

5.よく混ぜて完成

6.手の甲や頬などにつけ、色味や仕上がりを確認

つや感がさらにほしい場合はオイルを増やしてもOKです。
完成したファンデにオイルを少しずつ足し、4~6の工程を繰り返してください。

コラムで紹介した商品