mondaymoonmondaymoon

自分でつくる、わたしレーベル・コスメ

フラーレン・油溶性(リポフラーレン) フラーレン・油溶性(リポフラーレン)

肌の酸化(サビ)で起こる4つの悩みとは

肌は本来、絶え間なく細胞が入れかわる(ターンオーバー)ことで、自らを正常な状態に保つ力を持っています。

ところが、加齢、ストレス、紫外線などによって発生する「活性酸素」は、 

この肌のターンオーバー周期を乱します。

そのため「活性酸素」は“しわ”や“しみ”、“肌荒れ”、“毛穴の開き”など様々な肌トラブルの原因となっています。

ビタミンCの172倍!強力な抗酸化力

フラーレン・油溶性(リポフラーレン) フラーレン・油溶性(リポフラーレン)

他の抗酸化成分をはるかに超える特徴

強い抗酸化力なのに肌にやさしい
 

強い抗酸化力を持っていながら低刺激のため、美容業界も注目している成分で、日本で1,000を超える
美容皮膚クリニックで使用され、医療用途向けに研究開発も行われています。

肌の表面を掃除するように肌サビをクリア
 

ビタミンCなど、他の抗酸化成分は、自分自身が身代わりとなって酸化されることで肌の酸化を防ぎますが、フラーレンは吸着して酸化を防ぎます。
つまり肌の表面をまるで掃除機のように掃除して肌サビをクリアしてくれるのです。

フラーレン・油溶性(リポフラーレン)
 

テープを肌に貼ってはがし、酸化ストレスを発生させて肌荒れ状態を作ります。 そこに“水溶性フラーレン”をつけたところ、角質層のバリア機能が回復、また成熟した角化肥厚膜も増え、肌荒れが改善されていることが確認されました。 ※実験は“水溶性フラーレン(ラジカルスポンジ)”で行っていますが、油溶性フラーレン(リポフラーレン)でも同様の結果が得られると推測できます。

紫外線で壊れにくく、安定した成分
 

また一般的に抗酸化成分は紫外線で壊れやすいのですが、フラーレンは壊れにくくとても安定しています。フラーレンの持続力と安定性は他の成分にはない大きな魅力です。

油溶性フラーレンと水溶性フラーレンの違い

フラーレン・油溶性(リポフラーレン)

フラーレンは油に溶けやすい“油溶性フラーレン”である「リポフラーレン」と、
水に溶けやすい“水溶性フラーレン”である「ラジカルスポンジ」があります。
炭素の一種であるフラーレンはもともと黒い粉状の姿をしているのですが、
それを化粧品に使いやすいようにスクワランというオイルを混ぜて油に溶けやすくしたものが“油溶性フラーレン”
本来水には溶けにくいフラーレンを加工して水に溶かしたものが“水溶性フラーレン”です。

フラーレン・油溶性(リポフラーレン)

主に化粧水や美容液には“水溶性フラーレン”、クリームやオイルには“油溶性フラーレン”を配合します。
また“水溶性フラーレン”は水に溶けやすくするため、高分子ポリマーが配合されています。
よりナチュラルなものを好まれる方には“油溶性フラーレン”がおすすめです。
ただし、肌は水と油両方の性質が網目のように組み合わさってできているので、
お手入れのときには水分と油分どちらも補給するのがよいといわれています。
このことから、油溶性、水溶性、両方のフラーレンが配合されていることが理想的といえるでしょう。

ノーベル化学賞受賞の注目の成分

フラーレンは1996年にクロトー博士等がフラーレンの発見に基づく功績によってノーベル化学賞を受賞した成分で、世界的に注目されています。
ダイヤモンドと同じ炭素のみから構成される物質で、非常に小さいサッカーボールのような形をしています。フラーレンが一定濃度以上入った製品にのみ与えられるこのロゴマークは、このフラーレンの分子の形を現しています。

フラーレン・油溶性(リポフラーレン)

国内最高水準濃度のフラーレン

フラーレン・油溶性(リポフラーレン)フラーレン・油溶性(リポフラーレン)フラーレン・油溶性(リポフラーレン)

お客様レビュー

フラーレン・油溶性(リポフラーレン)

フラーレン・油溶性(リポフラーレン)

フラーレン・油溶性(リポフラーレン)

シワができるメカニズム

肌は本来、絶え間なく細胞が入れかわる(ターンオーバー)ことで、 自らを正常な状態に保つ力を持っています。 ところが、加齢、ストレス、紫外線などによって発生する「活性酸素」は、 この肌のターンオーバー周期を乱します。 そのため「活性酸素」は“しわ”や“しみ”、“肌荒れ”、“毛穴の開き”など 様々な肌トラブルの原因となっています。

ビタミンCの172倍!強力な抗酸化力

レモンなどでりんごが茶色く変色するのを防ぐ=活性酸素の 発生を邪魔することができるという発見から切ったリンゴを フラーレン、レモン汁などを塗布し、その違いを検証しました。

他の抗酸化成分をはるかに超える3つの特徴

肌は本来、絶え間なく細胞が入れかわる(ターンオーバー)ことで、 自らを正常な状態に保つ力を持っています。 ところが、加齢、ストレス、紫外線などによって発生する「活性酸素」は、 この肌のターンオーバー周期を乱します。 そのため「活性酸素」は“しわ”や“しみ”、“肌荒れ”、“毛穴の開き”など 様々な肌トラブルの原因となっています。

肌は本来、絶え間なく細胞が入れかわる(ターンオーバー)ことで、 自らを正常な状態に保つ力を持っています。 ところが、加齢、ストレス、紫外線などによって発生する「活性酸素」は、 この肌のターンオーバー周期を乱します。 そのため「活性酸素」は“しわ”や“しみ”、“肌荒れ”、“毛穴の開き”など 様々な肌トラブルの原因となっています。

肌は本来、絶え間なく細胞が入れかわる(ターンオーバー)ことで、 自らを正常な状態に保つ力を持っています。 ところが、加齢、ストレス、紫外線などによって発生する「活性酸素」は、 この肌のターンオーバー周期を乱します。 そのため「活性酸素」は“しわ”や“しみ”、“肌荒れ”、“毛穴の開き”など 様々な肌トラブルの原因となっています。

肌は本来、絶え間なく細胞が入れかわる(ターンオーバー)ことで、 自らを正常な状態に保つ力を持っています。 ところが、加齢、ストレス、紫外線などによって発生する「活性酸素」は、 この肌のターンオーバー周期を乱します。 そのため「活性酸素」は“しわ”や“しみ”、“肌荒れ”、“毛穴の開き”など 様々な肌トラブルの原因となっています。

油溶性フラーレンと水溶性フラーレンの違い

フラーレンは油に溶けやすい“油溶性フラーレン” である「リポフラーレン」と、 水に溶けやすい“水溶性フラーレン”である 「ラジカルスポンジ」があります。 炭素の一種であるフラーレンはもともと黒い粉状の 姿をしているのですが、それを化粧品に使いやすいように スクワランというオイルを混ぜて油に溶けやすくしたものが “油溶性フラーレン”本来水には溶けにくいフラーレンを加工して 水に溶かしたものが“水溶性フラーレン”です。

主に化粧水や美容液には“水溶性フラーレン”、 クリームやオイルには“油溶性フラーレン”を配合します。 また“水溶性フラーレン”は水に溶けやすくするため、 高分子ポリマーが配合されています。 よりナチュラルなものを好まれる方には “油溶性フラーレン”がおすすめです。 ただし、肌は水と油両方の性質が網目のように組み合わさって できているので、お手入れのときには水分と油分 どちらも補給するのがよいといわれています。 このことから、油溶性、水溶性、両方のフラーレンが 配合されていることが理想的といえるでしょう。

ノーベル化学賞受賞の注目の成分

フラーレンは1996年にクロトー博士等がフラーレンの発見に基づく功績によってノーベル化学賞を受賞した成分で、世界的に注目されています。 ダイヤモンドと同じ炭素のみから構成される物質で、非常に小さいサッカーボールのような形をしています。フラーレンが一定濃度以上入った製品にのみ与えられるこのロゴマークは、このフラーレンの分子の形を現しています。

国内最高水準濃度のフラーレン

お客様レビュー

サビない肌。大人の肌に。国内最高濃度。手作りコスメ原料。フレッシュな栄養を肌に。手作りコスメ原料
フラーレン・油溶性(リポフラーレン)/3ml

  • メール便OK
  • 人気
クール便OK
商品番号 9721-003
[ 10 ポイント進呈 ]
価格 ¥ 1,045 税込
会員価格で購入するにはログインが必要です。

コスメ原料 - エイジングケア - フラーレン・油溶性(リポフラーレン)/3ml

今月のおすすめ

フラーレン・油溶性(リポフラーレン)

使用方法

  • オイル系のベースに配合して美容オイル(フェイスオイル)やクリームに

美容オイル(バター)の作り方

  • 1滴はおよそ0.03mlです。

計量スプーン4本組みでのおよその分量

1spn1/2spn1/4spn1/10spn
1ml0.5ml0.25ml0.1ml

送料について

宅配便 送料:500円(北海道・沖縄1300円)(クール:+220円)
メール便 送料:200円で、【7個】までお送りできます。
メール便での発送をご希望の方は
ご注文確認画面③お支払い方法選択
「メール便」にご変更ください。
本品を複数ご注文の場合や他の商品と合わせ買いなどで【メール便でお送りできない場合】は【ご注文確認メール】でお知らせし、ショッピングカート【通信欄】でご指示いただいた手順で発送させていただきます。
ショッピングガイドはこちら>

他のサイズはこちらをクリック

スポイトガラスボトルでお届けします。


商品詳細

全成分スクワラン、フラーレン
品質保存料/無添加
着色料/無添加
香 料/無添加
生産国日本
形状常温(26℃)で液状
可溶性油溶性
化粧品に加える量2.5%-5% 
日中使用の可否
保存方法冷蔵
保存期間お手元に届いてから6ヵ月
開封後はお早めにお使いください。
 商品到着時に保存期間が4ヶ月以上残っているものだけをお届けします。
販売名称マンデイムーンFL-O-01
種別化粧用油
ご注意お肌との相性には個人差があります。作成した化粧品はご使用前にパッチテストを行い、お肌に異常が無いか確認してからご使用ください。肌に炎症が起こる可能性がありますので、推奨濃度以上でのご使用は避けてください。
区分化粧品
製造販売/広告文責mono株式会社(088-677-8724)

返品・交換について

商品の品質につきましては、万全を期しておりますが、万一不良・破損などがございましたら、商品到着後7日以内にお知らせください。返品・交換につきましては、商品到着後7日以内、未開封、未使用に限り可能です。

5.00
2
  • 購入者
    30代
    投稿日
    数年前に他社の水溶性フラーレンを使っていた時は全く効果を感じなかったのに、この油溶性フラーレンではハリが出て肌のくすみが消えました! 敏感肌なのでベビークリームを手に出し、一滴垂らして混ぜてからぬっていますが、全く刺激を感じずしっかり保湿もできています! 値段も手頃ですし、旅行にも持って行きやすいミニサイズの瓶も便利で嬉しいです! これから続けて使ってみようと思います!