monday moon NOTE きれいの手づくり、はじめましょう

基本の乳液
まもる / 乳液

基本の乳液

シンプルな基本の乳液です。
お好みのオイル、お好きな原料を追加して、お肌に合った乳液が作れます。

このレシピで使うもの

お好みのオイル
7.5ml
乳化ワックス・植物性・加熱タイプ・オーガニック
0.8g
ベースウォーターまたは精製水
45ml
キサンタンガム
0.3g
植物性プロパンジオール
1ml

オイルと乳化ワックスを温めます

ビーカーにお好みのオイル、乳化ワックス・植物性・加熱タイプ・オーガニックを入れ、電子レンジで約80℃になるまで加熱します。
これを油系原料とします。

計量のポイント

お好みのオイル 7.5ml
小さじ×1+小さじ1/2×1
乳化ワックス・植物性・加熱タイプ・オーガニック 0.8g
1spn×1

ベースウォーターを温めます

ビーカーにベースウォーターを入れ、電子レンジで約80℃になるまで加熱します。
ベースウォーターは沸騰しすぎると蒸発して精製水の量が減るので注意してください。
(容器をラップで覆って蒸発を防いでください)

計量のポイント

ベースウォーター 45ml
大さじ×3

キサンタンガム、植物性プロパンジオールを加えます

ビーカーにキサンタンガム、植物性プロパンジオールを加え、かき混ぜます。
このビーカーの中に温めたベースウォーターを加えます。
これを水系原料とします。

計量のポイント

キサンタンガム 0.3g
1/2spn×1
植物性プロパンジオール 1ml
1spn×1

電動泡立て器で約3~5分ほど混ぜます

水系原料、油系原料ともに約80℃になっていることを確認し、水系原料のビーカーの中に油系原料を少しずつ加え、電動泡立て器で約3~5分ほど混ぜます。

ここがポイント!

ここで約80℃になっていないと乳化ができません。

様子を見ながら混ぜます

白っぽく乳化するまで混ぜ、乳化してきたら様子を見ながら手動に切り替えてゆっくり混ぜます。
粗熱がとれたら、油浮きしていないことを確認します。

ここがポイント!

粗熱がとれる前はゆるめの質感ですが、粗熱がとれたらとろみが増してきます。

完成です

容器に入れて完成です。
完成量は約60mlです。
容器はクリアプラボトル・ポンプトップ[50ml]がおすすめです。

保存について

冷蔵庫で保存してください。
ベースウォーターだと約1ヵ月
精製水を用いて作った場合は約2週間で使い切ってください。

レシピで使う商品を購入する

UP