monday moon NOTE きれいの手づくり、はじめましょう

早春の紫外線対策とスキンケア
スキンケア
2020.2.15

早春の紫外線対策とスキンケア

1年のうちでも最も乾燥するこの時期。
乾燥で肌のバリア機能が低下している時に紫外線を受けると
ダイレクトにダメージを受けてしまいます。

とはいえ、
SPF50など、紫外線吸収剤を使ったUVクリームをつけることが
果たして本当に正解なのでしょうか?
紫外線吸収剤は肌の上で化学反応を起こして紫外線をカットします。
そのときに肌に刺激が出る場合があります。
経験したことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

昔ながらの「酸化チタン」「酸化亜鉛」は紫外線散乱剤です。
大量につけると、SPF値は上がりますが
顔が真っ白になってしまいます。
肌色を自然な感じにするには
マンデイムーンでも何度も実験しましたが
紫外線散乱剤だけだとSPF15くらいが限度です。

「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」どちらもメリットデメリットがありますが
マンデイムーンでは肌にやさしい「紫外線散乱剤」のみを取り扱っています。

詳しくはこちらの記事でもご覧いただけます。
紫外線「吸収剤」と「散乱剤」メリットデメリット
https://www.mmoon.net/note/2713/

紫外線ダメージをリカバリーする

そこでもうひとつ別の考え方。
日中に受ける紫外線ダメージをリカバリーしつづけるスキンケアです。
紫外線によるしみやくすみの原因は
紫外線を受けて、肌が本来の防御機能を過剰に引き起こすためです。
ビタミンEが、ダメージをその場でリカバリーし
防御機能を抑え、メラニンの発生を防ぎます。

また紫外線で減少するコラーゲンを増やすためには
ビタミンCが必要です。
良質なビタミンCを含む食事を採るとともに
スキンケアでもビタミンC誘導体をプラス。

化粧水にもオイルにも溶ける最新ビタミンC誘導体
APPS原末(アプレシエ)
https://www.mmoon.net/fs/mmoon/0303-001/

オイルに溶けて長時間肌で作用する
ビタミンC誘導体・油溶性(VCIP・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)
https://www.mmoon.net/fs/mmoon/0348-003/

外出時もナチュラルケア

日中、外出時間が長い方は
ラズベリーオイルをつけた後にエアプロテクト・ミルクセラムをつけて。
通勤や通学だけで、ほぼ部屋の中で過ごす方は
どちらか一方だけでも十分です。
さらに朝、夜のケアにビタミンC誘導体をプラスすればばっちり。

ラズベリーオイル・未精製・オーガニック
https://www.mmoon.net/fs/mmoon/0300-010/
たっぷり含まれるビタミンEとラズベリーセラミドが
肌を紫外線ダメージから守ります。
日中だけでなく、夜のケアにもぴったりです。

エアプロテクト・ミルクセラム
https://www.mmoon.net/fs/mmoon/2037-030/
マンデイムーンオリジナルの日焼け止めです。
紫外線散乱剤とスキンケア成分で作りました。

ナチュラルで、しっかり効果が感じられるケアで
今日も元気に出かけましょう!

記事で紹介した商品

UP