ビタミンCの効果を発揮するタイミング

ビタミンCの効果を発揮するタイミング

マンデイムーンは
できたてフレッシュなコスメを
惜しみなくふんだんに使うことが肌にとって一番の幸福
と伝え続けています。

これにはもちろん理由があります。

1.防腐剤を使わないということ
2.自分の肌に必要な成分だけを選ぶこと
3.コストパフォーマンスが良いということ

ビタミンCの効果とは

今日は、その中でも特に
手づくりでフレッシュでなければ実は効果がない
という原料をご紹介します。

それは
ビタミンC誘導体です。

天然のビタミンCは体にとっては必須の栄養素です。
飲んだり食べたりすることで体に補給していきます。

ビタミンCのメリット

・コラーゲン合成の促進
・シミやそばかすのもとになるメラニン色素の生成を抑制する
・体内の活性酸素(体が錆びるもと)を除去する

などの作用が知られています。

ビタミンCのデメリット

ところが、ビタミンC自体は
・非常に酸化されやすい不安定な物質
・皮膚に吸収されにくい

という欠点があります。

つまり、そのままでは化粧品に配合されていてもあまり役には立ちません。
そこでビタミンCに様々な分子をくっつけて「誘導体」にして安定させることで、
皮膚への吸収性が向上し、またビタミンCが壊れにくくなります。

マンデイムーンのビタミンC誘導体


リン酸アスコルビルマグネシウム(水溶性)
https://www.mmoon.net/fs/mmoon/0333-005/

外気に触れても酸化しにくく、
肌の中に入ってはじめてビタミンCとしての機能を発揮します。
イオン導入に向いています。


VCIP(油溶性)
https://www.mmoon.net/fs/mmoon/0348-003/

油溶性という特性から浸透性が高く、
また持続性にも優れていることから、
長時間(48時間以上)にわたり肌の中の活性酸素を除去する働きがあります。
アルガンオイルなどに混ぜて使います。


APPS(水溶性・脂溶性両方)
https://www.mmoon.net/fs/mmoon/0303-001/

水分にも油分にも溶けやすい画期的なビタミンC誘導体です。
従来のビタミンC誘導体の中でも特に高い浸透力を持ちます。
肌の奥(真皮)にまで直接届くことから、活発にコラーゲン合成を促進します。
VCIPとの合わせ使いで、高効果が長時間続きます。

できたてフレッシュが効果を発揮

誘導体になっているからといって、
ビタミンCはやはり時間とともに効果が薄くなっていきます。

そのためにもできたてを使うメリットの高い成分なのです。
コスメを作り置きするなら、2週間を目安にしましょう。
または使うたび、手のひらで化粧水やオイルに混ぜるのがもっとも効果的です。

使うコスメから
作るコスメに。

そして究極は手のひらで加えるだけの
てのひらdeコスメに。

ライフスタイルに合わせて
賢く、無理なくセレクトしましょう。