アロマを使ったナチュラルな虫対策
アロマ
2021.6.28

アロマを使ったナチュラルな虫対策

アウトドアは良いけど虫は困る…

こんにちは。ライターの米沢です。

コロナウイルスが流行し始めてから、キャンプやガーデニングなど、アウトドアのレジャーが人気ですね。
感染の心配が少なく自然に癒されますが、蚊や虫はやっぱり避けたいですね。

市販の虫除けの成分が心配な方や香りが苦手な方、ペットや小さいお子様がいて殺虫剤などは使いたくない方は、アロマを使ってナチュラルに虫対策をしましょう。
虫対策に良い精油や、アロマキャンドルの作り方をご紹介します。

虫対策におすすめの精油

精油には虫が嫌う香りのものがあります。
代表的なものは、シトロネラ、レモングラス、ペパーミント、ゼラニウムなどです。
特に、シトロネラとレモングラスは、蚊、ダニ、ゴキブリにも効果があることが実験でわかっています。
マンデイムーンでは、虫が嫌う香りの精油などを使って、清涼感があるフレッシュな香りにブレンドした「虫除けブレンド精油」も販売されているので、こちらを使うのもおすすめです。

スプレー容器植物性発酵エタノール5mlと虫除けブレンド精油を10滴入れて混ぜ、精製水45mlを入れて混ぜれば、虫対策アロマスプレーの出来上がり!

どこにでも持ち歩ける「アロマストーン」もおすすめです。
アルミケース内のストーンに虫除けブレンド精油を数滴落として香らせます。
火を使わないので、車やテント内などでも安心して使っていただけます。
(持ち運びの際はキャップをしっかりと閉めてください。)

電子レンジで簡単にできる!虫対策アロマキャンドル

ガーデニングなどにもおすすめの虫対策アロマキャンドルを作ってみましょう。

<虫対策アロマキャンドルの作り方>
【材料】
エコソイワックス(大豆ワックス)・ハード 80g
ビーズワックス・精製・ホワイト(蜜蝋) 5g
虫除けブレンド精油 10~20滴
キャンドルパーツ・座金&ウィック 1個
紙コップ、割りばし

【つくり方】
1.紙コップにエコソイワックスと蜜蝋を入れて、電子レンジにかけます。
 600Wで30秒程度を繰り返し、塊のない液状になるように溶かします。
2.少し粗熱を取ってから、虫除けブレンド精油を入れ、爪楊枝などで軽く混ぜます。

3.座金&ウィックを真ん中に立てて、割りばしで固定して冷まします。

4.冷えてキャンドルが固まれば出来上がりです。
 紙コップを破いて取り出し、キャンドル芯をお好みの長さにカットして使います。

火をつける時は耐火性がある容器やキャンドルホルダーに入れて使いましょう。

大豆ワックスは煤が出にくく生分解性があるので環境にもやさしく、石油由来のパラフィンや蜜蝋と比べると融点が低いので燃焼時間が長いのが特徴です。
虫除けブレンド精油は、レモングラスの爽やかな良い香りがするので、家族からも「いい香り」と言われ好評です。

人にも環境にも優しい虫対策

精油と水で作るスプレーや、精油とワックスで作るキャンドルは、無くなれば繰り返し作ることができるのでごみも減ります。
精油はもともと自然界にあるものなので、人にも環境にも優しく虫対策ができますね。
爽やかな香りでリフレッシュしながら、ナチュラルに虫を遠ざけることができますよ。
すっきりとした香りを味わいながら、自粛生活で鈍ったからだを動かし、コロナに負けない健康な心身を保ちましょう。


 


ライター:米沢けい子
アロマテラピー検定1級やアロマテラピーアドバイザーなどの資格があり、癒されながら美しく健やかに過ごせるようにアロマテラピーを日常に活用しています。犬も飼っているので口にしても安心か気をつけています。