monday moon NOTE きれいの手づくり、はじめましょう

エコな蜜蝋ラップでやさしい生活
コラム
2020.5.8

エコな蜜蝋ラップでやさしい生活

本日は
TV「世界ふしぎ発見」のメルボルン特集で紹介されていた”蜜蝋ラップ”を作ってみました!

蜜蝋ラップとは


蜜蝋や天然油分をオーガニックコットンに染み込ませたエコラップ。”Honey Bee Wrap”
洗って毎日使用しても1年〜2年継続して使用可能。
抗菌効果もあり、衛生的に食料を保管できます。
綿の布なら何でもOK、柄もお気に入りのもので作れてとってもかわいいです。
使用後は土にかえすこともできるので、地球にとってもやさしいラップです。

蜜蝋ラップの作り方


用意するもの
・アイロン
・お好みの長さにカットした綿の布
・クッキングシート
ビーズワックス・精製・ホワイト

手順


1.アイロン台にクッキングシートを敷いて布を置き、その上に蜜蝋を2cm間隔で満遍なくしきつめます。


2.1の上にさらにクッキングシートを乗せます


3.クッキングシートの上から低温に設定したアイロンをあて、蜜蝋を溶かして布になじませていきます。


4.布全体に溶けた蜜蝋がなじんだら、冷ました後クッキングシートからはがして完成。

しっかりとお椀にもフタができます。


パリッとした仕上がりですが、お椀にもぴったり沿うようにフタができます。

水洗いできます。


蜜蝋が布をコーティングして水をはじくので、水洗いもOK。
何度でも繰り返し使えます。

大きく作って野菜をつつんだり、小さく作ってコースターにも


大きさも自由に作れるので、用途に合わせて作ると便利。
水をしっかりはじくのでコースターにもなります。

使うときの注意

①お湯で洗ったりや電子レンジで温めたりしない。(蜜蝋が溶けるので)
②水洗いするときはやさしく洗ってください。
③肉や魚は直接包まない。(熱湯消毒すると蜜蝋が溶けるので)
④酸味の強い食材を直接包まない。
⑤ハチミツアレルギーの方や乳児の口に入る恐れのあるものへの使用は控えてください。

使い方いろいろ


サンドイッチやベーグルを包んだりしてお弁当の持ち運びにはもちろん。
カラフルで冷蔵庫を開けるたびに幸せな気持ちになりますよ。
蜜蝋ラップでキッチンのプラスチックゴミを減らして、地球にも経済的にもやさしい生活をはじめませんか?

この記事に関連するタグ

UP